« ラオスの言葉 | ホーム | ラオス、カンボジアへ »

うちのPandaに初不具合

ドアを開けるためにロックにキーを差し込もうとしたら…。なんか、妙にキーの穴が目立つ。

キーの穴のカバーがなくなっているではないか!穴のカバーとは、キーを差し込むと内側に折りたたまれるが、差し込んでいない場合は穴を閉じている金属の板のこと。あれがないもんだから、キーの穴は開きっぱなし。黒く見えて目立っていたのだ。

しかも今日は雨。面倒なことになってきた。とりあえずは問題ないけど、修理しようと思うと鍵ごと交換か。そうすると、エンジン用のキーとドア用のキーと二つ持たなくてはならんな。うーん、面倒だ。

と、思いつつ、ドアボタン(Pandaのドアはボタンを押して開ける。ノブではない。ちょうどバンの最後部のドアを開けるような感じ。)をガシャガシャ押してみると、内側に折りたたんでいた金属板がニョローっと起き上がっていた。とりあえず、欠落していたわけではないのでちょっと安心。でも、キーを挿すと折りたたまれたまま起き上がってこない。うーん、どうもフニャフニャになっているようだ。

これは、治るのか??ご存知の方、教えてください。

今日は久々の雨だったので、濡れてくっついてるのかな、と希望的観測をしつつ、首都高をぶっ飛ばした(所詮Max100km/hくらい)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/52

コメント(1)

ピッキングはバレないように気をつけよう!

とりあえず壊れていないようで良かったな。
でもカギ2つくらいなら何ちゅうこともないと思うよ。小生は「ドア」「エンジン」「トランク」「給油口」と4つのキーをジャラジャラさせています。
このあいだスタンドで「はい、これで」つって渡した鍵がトランクのヤツだった為、恥ずかしい思いをしたトコです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年3月 1日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラオスの言葉」です。

次のブログ記事は「ラオス、カンボジアへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。