« アクアライン | ホーム | 国歌斉唱 »

「龍ゴールド」+島ラッキョウ

先日、那覇空港で「島ラッキョウ」なるものを購入してきた。セキュリティにを通る前の出発階の売店で一袋700円で購入。2~30本は入っていたのではなかろうか。

ラッキョウと言うものも調理前のものはろくに見たことがないのだが、見た目、根っこが膨らんで葉がしおれたネギのよう。

調理法は塩もみ(浅漬け)。薄皮をはいで、葉の部分を切り取る。洗って塩もみ。後は冷蔵庫で4~5時間寝かせるだけ。塩が強かったので、軽く水で洗い流してから食べた。

一緒に飲むのは、もちろん泡盛。金武酒造の「龍ゴールド」というもので、5年古酒。値段は1200円くらいだったと思う(720ml)。売店の店員が、値段が安い割には、マイルドでおいしい、と薦められた。何でも、泡盛は例えば5年古酒に新酒を混ぜても「5年古酒」と名乗れるらしいが、ここのお酒は100%古酒を使っているらしい。確かに、マイルドでうまかった気がする。

島ラッキョウから話がそれてしまった。で、味は、ちょいとピリリと玉葱辛さのあるラッキョウといったところか。普通のラッキョウを浅漬けにして食べたことがないので、何とも言えないが。酒のつまみにはなかなかいける。

ただし、あまり食べ過ぎると、次の日口の中がポワーッと臭くてたまらなくなるので注意。ラッキョウだものなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/20

コメント(3)

島ラッキョウは、銀座にある「沖縄料理屋 ゆんたく」でも食べられるよ。

http://r.gnavi.co.jp/g096304/

今度、是非。

それは、Yナミさんも御用達というお店でしょうか?

Yなみさんが行ってるのは座銀にある“竹富島”というお店です。泡盛の甕カメが並んでます。あとグループで行ったのは“ふらり”という店で銀座、新橋などなどあるようです。
かの料理記者暦50年岸朝子さんお勧めの沖縄料理屋が銀座にあるそうです。いってみっか?
でわ、おいしゅうございました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年3月29日 23:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アクアライン」です。

次のブログ記事は「国歌斉唱」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。