« 「龍ゴールド」+島ラッキョウ | ホーム | Take me out to the ball game. »

国歌斉唱

同じ事柄に対しても、各新聞の社説の主張が全く違うのは面白い。

先日の卒業式で、国歌斉唱時に起立しなかった東京都の教職員が戒告などの処分を受けたそうだ。今日の各紙の社説で、対照的な内容のものがあったので、一部を紹介する。まずは朝日新聞。

式を妨害したのならともかく、起立しないからといって処分する。そうまでして国旗を掲げ国歌を歌わせようとするのは、いきすぎを通り越して、なんとも悲しい。

次に読売新聞はどうかと言うと、

(甲子園では当たり前のように国歌斉唱されていることを例に挙げ)教師が卒業式で起立を拒否するのは、高校野球の開会式で、運営に当たる大会役員が国旗に背を向けるのと同じだ。許されることではない。

これだけ見解が分かれていること自体は面白いと思う。

ここからは個人的な意見だが、近年、教育委員会は国歌斉唱に対して、教職員に強制するような通達を出しているようであるが、俺はこれには反対である。

「日の丸」および「君が代」が(歴史的に)天皇をあらわしていることは明らかである。その象徴に対し、個々が、それぞれの感情を持っていることは事実だし、そのことを誰も否定することはできない。それを強制し、従わないものを罰するのは、権力による思想の自由の束縛としか思えない。独裁国家さながらの暴挙である。教育現場で民主主義が否定されている。

そこまで、強制したいのなら、国歌、国旗を変えるべきだった。誰もが気持ちよく賛成できるような。同じ第2次世界大戦敗戦国のドイツでは、国旗であったナチスのハーケンクロイツを捨て、ワイマール体制時の国旗に戻した。国歌も、ナチス時代の国家主義的な歌詞をやめ、そのような内容が含まれていない3番の歌詞のみを歌っていると言う。

特に朝日新聞の社説には、次のようなことも書かれている。

今年の卒業式で生徒たちは君が代をこれまでにはなく大きな声で歌った。卒業式に向けて、練習を繰り返した。そのうえで決定的だったのは、校長が「君たちがしっかり歌わないと、先生方が処分を受けかねない」と生徒たちに言ったことだった。

自分が歌わないと先生が処分されるかもしれない。3年間勉強や体育を教えてくれた先生が国歌斉唱で立ち上がらなかったといって、処分される。そうした卒業式を味わった生徒たちは大人たちをどう思うだろうか。国旗や国歌に愛着を持つだろうか。

この件に関しては、俺は朝日新聞の社説を支持する。今回は、思わず政治的な内容となってしまったが、最近見られる、「流行としてのプチナショナリズム」が権力者に利用され、表現・思想の自由に死をもたらさぬことを切に願う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/70

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年3月31日 14:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「龍ゴールド」+島ラッキョウ」です。

次のブログ記事は「Take me out to the ball game.」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。