« Pandaオイル交換 | ホーム | 饂飩打ち »

お詫びとお願い

ここ数日の間に、新聞の社会面の下の方に、「お詫びとお願い」というような題目で、いくつかの謝罪文が掲載されているのを何度か見た。電化製品や日常品に不具合があった旨の謝罪文、さらにいくつかは回収修理する、との内容だった。

それらのほとんどは、枠の中に新聞の活字よりも小さな文字でぎっしりと書かれてあり、その隣に図解つきで不具合の様子が解説されていた。

不具合も様々で、特に誰も気にしないような内容のものもあれば、「ガスコンロにつなぐホースから微量のガス漏れがあります」というような、ちょっと恐ろしいものもあった。

このような記事は、ゆっくり隅々まで新聞を読むことができる時は見つけることができるけど、忙しい時などはまず目にとまらないと思ってよい。特に目を引くようにアピールしている様子もないし、毎日同じ位置に載るものでもない。ましてや社会面の一番下である。おそらく内容としては、たいしたことではないのだろう。本当に危険だったり使用者に損害を与えるようなものであれば、テレビなどのマスメディアを通じて発表したり、新聞も大きく取り上げるのだろうから。

自動車などの大きな買い物とちがい、電化製品や日常品は不特定多数の人々が購入するので、周知するのが難しいということは想像がつく。何かもっと効率的な周知方法は?と問われても俺にはいい案が思いつかないけど、このように発表されてもなんとなく不安であるし、何か起きたときの責任のがれという感もある(実質それが正直な目的なのだろうが)。

資本主義って結局知らない者が損をする世界なんだろうな、とふと思う俺である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/62

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年4月25日 16:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Pandaオイル交換」です。

次のブログ記事は「饂飩打ち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。