« 国歌斉唱 | ホーム | ルアーロッド復活 »

Take me out to the ball game.

昨年のプロ野球覇者、ダイエーのファンである。幸い、千葉ロッテマリーンズの球場がうちから歩いていける距離にある。今日は昼ごろ急に思い立って、衝動的にプロ野球観戦に行ってきた。

外野席で一人1500円。土曜日で天気もいいこともあり、満席とまではいかないが、人手は多かった。

ところで、マリーンスタジアムでは7回の表と裏の合間に、「Take me out to the ball game」の曲が流れる。メジャーリーグの試合でいつもながれている曲だ。日本では、最近イチローが生命保険か何かのCMに出ていたとき、バックで流れていた曲である。

スクリーンに英語の歌詞付きで球場に曲が流される。しかし、誰も歌っていない。プレイ中はあれだけ大声を張り出して応援しているし、応援歌を歌っているのに、この英語の歌になると誰も歌わない。ちょっと球場内がモジモジした感じになる。

きっと、球団がアメリカンなイメージを作ろうとする意思と、日本の観客の意識にギャップがあるんだろうな。そもそもこの歌、ほとんど日本じゃなじみがないし、日本人にはちょいと難しい歌だと思う。だから、ほとんどの人が歌えないのは仕方ないのではないか。俺も歌えないし。

千葉ロッテという球団は、どことなくアメリカナイズするのが好きなような気がする。ユニフォームもなんとなくメジャーリーグっぽいし、監督もアメリカ人。別に、悪くはないんだけど、ちょっぴり無理がある時もあるかな。俺もアメリカのスポーツは好きだし、そんな雰囲気も嫌いじゃないんだけどね。

この英語の歌をきいて、ちょっと思ったことでした。試合は昨日に引き続きダイエーが負けてしまった。また応援に行くので、がんばれ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/71

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年4月 3日 18:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「国歌斉唱」です。

次のブログ記事は「ルアーロッド復活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。