« 車検証が届いた | ホーム | あこがれのタワーブリッジ »

初めてのパブ

今後の滞在の記録をLondon日記として残していく。今回は初めてのLondon。ホテル到着後、早速パブへ。

夕方5時半ごろホテルに到着。一風呂浴びて6時すぎにホテルを出る。歩いて5分ほどのところにあるパブ。何しろ(もちろん)Londonのパブは初体験である。

まだ明るいにもかかわらず老若男女がビール片手にわいわい話している。なにやら楽しそうなところだ。早速ビールを。よくわからないので、確か「Strong Bow」というやつを選んでみる。1パイント2ポンドくらいだったと思う。キャプテンと同行のFOさんと3人で乾杯。一口飲んだ瞬間「なんじゃこりゃー」。甘酸っぱいスパークリングワインのような味なのである。この正体はサイダーとのこと。どうやらリンゴを原料とした酒らしい。

ロンドンのパブにて思い出となるはずの一杯目が拍子抜け。俺の人生いつもこうである。

吐き捨てるほどまずくはないので、とりあえず飲み干し、その後は正統派ビターとフィッシュ&チップス等の料理に舌鼓を打ち、9時ごろ帰って寝た。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/162

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年7月16日 01:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車検証が届いた」です。

次のブログ記事は「あこがれのタワーブリッジ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。