« 初めてのパブ | ホーム | 今日は日曜日 »

あこがれのタワーブリッジ

今日は市内を回った。同行の方に案内してもらって。こんな市内観光などもまだ何でももの珍しい今しかやらないだろうから。

チューブにのってビッグベンへと向かう。昨日パブに言っただけではまだロンドンに来たという実感が沸かなかったが、地下道を上がり目の前にビッグベンが見えた瞬間、「おおっ、これぞロンドンだ」とひとしきり感慨にふける。

その直後に雨が降り出した。結構まとまった雨。傘を持ってきて助かったのだが、周囲を見ると噂どおり本当に傘を差さない輩が多い。小雨どころではなくジャーっとい降ったので、シャツがびしょびしょの人もいる。しかし何事もなかったかのように歩いている。文化の違いといえばそれまでだが、ここまでびしょぬれだと、傘を持ち歩かない彼らの理解に苦しむ。

その後、バッキンガム宮殿まであるくとちょうど衛兵交代。土曜日ということもありものすごい人手。人ごみが嫌いな俺は、FOさんの「今後ウィンザー城に行ったら、ゆっくり見れるから」という言葉にほっとした。

ピカデリーサーカスまで歩き、昼食は飲茶。ついさっきまで中国旅行していたが、下手に中国で食べるよりもおいしく感じた。やっぱり中国の中華は中国人向けの味なんだな、と実感。

俺はロンドンで行ってみたいところは二つあった。一つは「きんにくマン」でロビンマスクの必殺技の名前ともなったタワーブリッジ。ロビンマスクが大好きだった俺は、いつかタワーブリッジというものを見てみたいと昔から思っていた。それとサビル・ロー。高級な仕立て屋がならぶストリートらしい。ここも是非行ってみたいところ。

ということで、今日は俺のリクエストもあり、小学校以来あこがれていたタワーブリッジへと向かった。ブリッジはロンドン塔の奥に堂々と聳え立っていた。車の往来も激しい。感慨もひとしおである。もう来ないだろうから、と5ポンド払ってタワーの上に上る。上からの景色はどうと言ったことはないが、何しろここはロビンマスクのタワーブリッジである。よくわからない感慨に浸りながら、タワーを渡った。

その後、テムズ川沿いを歩いてロンドンブリッジ(普通の橋)を渡ってチューブでホテルへ。夜はVictoria付近のイタリアン。からすみパスタがうまい。

ベタではあったが、典型的なロンドンを堪能できた一日。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/123

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年7月17日 02:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めてのパブ」です。

次のブログ記事は「今日は日曜日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。