« 車載テレビ | ホーム | 戻り鰹 »

麦焼酎「常蔵」

大分県臼杵市の麦焼酎。「久家本店」は臼杵出身の母親の知り合いがやっている酒蔵だそうだ。この焼酎が実家から送られてきた。

この季節、毎年実家から、これも臼杵特産の「かぼす」が大量に送られてくる。ロックにかぼすを絞って飲む。これが大分の麦焼酎の飲み方だと思っている。祖父もよくやっていた。

さて味は、ほのかな甘みがあって豊かな感じの味の麦焼酎である。常圧蒸留という方法を使用しているそうで、麦の旨みが残るのだそうだ。カボスの香りがさわやかである。一般的な「二階堂」などとはやや異なる味わいであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/181

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年9月26日 11:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車載テレビ」です。

次のブログ記事は「戻り鰹」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。