« 交通安全協会にだまされるな | ホーム | インターネットがあれば新聞はいらないか? »

MySQL化に成功

前回失敗したMySQL化についに成功した。以前は失敗して、元のDBにも戻れなくなり、サーバの管理人にお世話になって復活した経緯がある。今回もどきどきだったが、何とか成功。以下に備忘録を。

まず、前提として、レンタルサーバはXREAでMT3.11をインストール済み。とりあえずBerkley DBでMTをインストールしたのちに、mt-db2sql.cgiを使ってMySQLに移行する。作業をする前に、すべてBackupを取って、いつでも再インストールできるように必要事項はメモしておいたほうが無難かと思われる。

まず、MySQLのDatabaseを作成する。作成まで30分ほど時間がかかるらしいので待つ。

Databaseが作成される間に、mt.cfgをいじる。サーバから一旦ダウンロードしてきたら、

23行目はいじらない。コメントアウトもしない。ここのDataを読みにきてMySQLに移すので。

DataSource *****

34?37行目のコメントアウトをはずして、自分の環境に合うように内容を補正(以下は俺の場合)。

ObjectDriver DBI::mysql
Database krbys
DBUser krbys
DBHost localhost

これを保存して、もう一度アップロード。

次にmt-db-pass.cgiをダウンロードしてきて、Database_passwordという文字を消して、自分のMySQLのパスワードを書き込む。アップロードして、属性を600にする。

MySQLのDatabaseが作成されていたら、後はMT Directoryにあるmt-db2sql.cgiを実行するのみ。めでたくずらーっと数字が流れて、最後に以下の文章がでたら完成である。

Done copying data from Berkeley DB to your SQL database! All went well.

一応Rebuildしたが、やはりRebuild自体若干速くなっている気がする。通常にサイトを見る分には変わらないけど。あと、dbディレクトリはもう要らないと思うので、消す予定。mt.cfg内のDBの記述の部分もコメントアウトしてもいいと思う。

いろいろ教えてくださった方々に感謝。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/212

どうやらBerkleyDBが悲鳴を上げはじめたようす。 トラックバックを受けると443エラーが出てしまう。 仕方がないので、MySQLへの移行作業を行ったのでメモ。... 続きを読む

コメント(1)

こんにちは。
移行うまくいったみたいでよかったですね。
結局、前回との変更点はなかったみたいですね。

餃子の作り方参考にさせていただきました。うまそうでしたので。

また、遊びに来させていただきます。
よろしくお願いします。

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年10月13日 00:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「交通安全協会にだまされるな」です。

次のブログ記事は「インターネットがあれば新聞はいらないか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。