« 気象予報士への道(値段) | ホーム | うまい餃子 »

ダイエーホークス、残念!

パ・リーグ プレーオフの第2ステージの最終戦。残念ながら俺が応援するダイエーホークスは西武に3対4で惜敗してしまった。追いつき追い越され、の緊張感のあるスリリングな好ゲームだった。

シーズンを終えたときは2位の西武と4.5ゲーム差もあっただけに、ファンの中にはプレーオフというシステムに不公平感を感じる人もいるかもしれない。

でも、今回初のプレーオフ。俺は十分に楽しめた。ペナントレースも最後まで白熱したし、プレーオフ第1ステージも第2ステージも、必死にプレーするスリリングな試合を見ることができて大満足である。先ほど述べた不公平感は、このようなシステムだから仕方がない、と割り切るほかはない。それよりもすばらしいゲームをたくさん楽しめた満足感のほうが大きかった。

今年のパ・リーグは面白かった。球団合併問題などは論外だが、北海道の新庄や西武の松坂、ダイエーの松中の三冠王など、パワフルなプレーが多かったと思う。これらのパ・リーグの選手はみなとても個性的だし、本当に野球を好きだ、という気持ちがありありと伝わってくる。巨人偏重のセ・リーグの試合が多く放送される中で、今年のパ・リーグは野球の醍醐味というものを久々に感じた気がする。

ある解説者が言っていたが、このプレーオフという制度、選手を育てるうえでも非常に大きい意味がある、ということだった。ある意味日本シリーズ以上に負けられない試合(日本シリーズでは負けてもリーグ優勝という結果が残るが、プレーオフに負けると何も残らない)にものすごい緊張感をもって望んだ選手は必ず次の年、成長してかえって来るそうだ。そういう意味でも、プレーオフという制度は今後も続けて欲しい。

第1ステージでも第2ステージでもそうだったが、試合後、監督同士が握手している姿が印象的だった。スポーツのすばらしさをまた一つ見せてもらった。願わくばダイエーに日本シリーズを戦って欲しかったが、また来年に期待し、日本シリーズでは西武にパ・リーグのすばらしい野球を見せてもらいたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/209

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年10月11日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気象予報士への道(値段)」です。

次のブログ記事は「うまい餃子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。