« うまい餃子 | ホーム | MySQL化に成功 »

交通安全協会にだまされるな

5年ぶりに更新してきた。免許を取って以来10年間、無事故無違反の優良ドライバーである。といっても、半分は学生時代でほとんど車に乗っておらず、2年はアメリカにいたので。というわけで頻繁に運転するようになったのはここ数年であるが。

まず手続きを終わらせて視力検査をして(眼鏡は免れた)写真を撮ると、講習の部屋に案内され、簡単なお講習(30分)を受けて終わり。その前に一つカチンときたことがあったので紹介する。

交通安全協会である。手続きをする机のすぐ横に机を置いており、一見順路のようになっている。手続きを終えると、さも当然のように「交通安全協会でーす。1500円です。」と声をかけられた。

「これっていつから義務になった?」あまりに堂々と言われたので唖然としてしまった。入って当然、という相手の態度につい「これって必ず入らなくてもいいんでしょ」と聞いてしまった。「え、任意ですが…」そのおばさんは不思議そうな顔をして言ったものだ。

こんな勧誘、もとい”取りたて”方だと、免許取りたてのドライバーなんかはつい加入しなければならないもの、と思ってしまうに違いない。「加入していただけませんか?」と聞いてくるくらいならまだしも。もう一度確認するが、交通安全協会とは任意加入である。これは更新に行く度にむかつく事実である。

そもそも交通安全協会が何をしているのか?歩道橋に標語をかけたりしているらしい。しかし、景観を汚しているあの標語を読んで感心し、行動に移す人がどれだけいるだろうか?優良ドライバーの表彰しているらしいが、俺には必要ない。そもそも、優良ドライバーとは、本当に優良な人か、もしくはまったく運転していないペーパードライバーの類の人の集まりである。前者はすばらしいが、後者ははっきり言って危険である。

とにかく、俺は交通安全協会の存在意義自体疑問であるし、勧誘のしかたの汚さにはいつもむかついている。本当にたちが悪い。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/211

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2004年10月12日 21:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うまい餃子」です。

次のブログ記事は「MySQL化に成功」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。