« シックとジレット | ホーム | 「エシレ」バターで »

Easy Riderを見る

映画「Easy Rider」のDVDを見た。去年の末に初めて我が家にDVDレコーダーが来たとき、初めて買ったDVDの一つである。ちなみにもう一つ買ったのだが、それは「Top Gun」。我ながらなかなかイカした始めの2枚と思っている。

イージー★ライダー コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2004/10/06)
売り上げランキング: 2,116
通常24時間以内に発送

さて、この映画。実は学生時代に見たことがあるのだが、いかんせん当時は酔っ払っていて内容が記憶に残っていない。唯一残っていたのは、途中で旅に加わる弁護士が、バーボンを飲んだときに発する「ニッ、ニッ(脇を勢い良く締めながら言う)」である。この言葉だけはわれわれの中で小流行し、居酒屋でビールを飲んでは、みんなで「ニッ、ニッ」と奇声を発し、喜んでいたものである。

内容は、ヒッピー的自由を訴える映画なのであろうか。”あろうか”というのは正直、よくわからなかったという点もある。マリファナを売って手に入れたお金で、謝肉祭に向かうためにアメリカをバイクで旅する自由な二人が、よそ者を受け入れない超保守的な土地の人々に冷たくあしらわれ、安宿にも泊まらせてもらえない、食事もできない。自由なアメリカはどこへ行ったんだ、という二人の声が聞こえてくる。

しかし、若き日のジャックニコルソンとジーンハックマンがかっちょいい。音楽もいい。「ニッ、ニッ」もいい。やっぱり俺の好きな映画だ。

途中で旅に加わった弁護士の男が言った「自由を説く人間と、自由に生きている人間は全く違う」という言葉が印象的だった。この言葉がこの映画の本質を語っているかもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/224

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2005年1月12日 01:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シックとジレット」です。

次のブログ記事は「「エシレ」バターで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。