« MT-Bayesian導入 | ホーム | MT-Blacklistの自動アップデート »

MT-BayesianはやめてMT-DSBL導入

先ほどMT-Bayesianを導入したばかりであるが、やっぱりやめてMT-DSBLというプラグインを導入。Bayesianは賢くなるかもしれないけど、やっぱり100%ではないし、いちいち見に行って消すのが面倒である、というのが理由。というより、MT-DSBLの方が簡単だったので、とりあえずこれを試してみようと思ったわけ。

まず、MT-Bayesianをアンインストールする方法であるが、どこを見ても載っていない。なので、アップロードしたファイルをすべて削除し、MySQLを見ると、三つBayesianに関するテーブルができていたので、それらを削除しただけ。これでおそらくMT-Bayesian導入前の状態に戻ったはずである。

さて、MT-DSBLとやらであるが、これはオープンなプロキシー経由のコメントに反応するらしい。送り主を知られたくない輩のコメントに反応する、ということである。おそらく、今鬼のように送られてきているスパムコメントは、IPアドレスは違うものの、送信者のURLやメールアドレスが同じものが多いので、おそらくこの手段でやられているのだろう。

導入方法であるが、いたって簡単である。まず、プラグインのファイルを持ってくる。こちらにある。適当に展開したら、後は必要なファイルをアップロードするだけ。

展開すると、「dsbl_deny.pl」と「dsbl_moderate.pl」という二つのファイルがあると思うが、denyは全く受け付けず、moderateは承認待ちの状態にとどめておく、というものらしい。俺は迷わず"deny"の方を選んだ。承認なんてほぼしないし、見に行くこと自体面倒くさいからだ。それだけスパムコメントがきている、ということだけど。

で、俺の場合「dsbl_deny.pl」を、{MTDIR}/pluginの下に置くだけ。たったこれだけらしい。

プロキシー経由でのコメントの送り方を知らないので、テストできないが、この後数日で成果がわかるだろう。上手くいくといいな。すっきりしてるし。

ちなみに、MT-Blacklistもまだ使用しています。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/227

オープンなプロキシー経由のコメントに対してのスパム対策プラグイン「MT-DSBL... 続きを読む

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2005年1月14日 21:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT-Bayesian導入」です。

次のブログ記事は「MT-Blacklistの自動アップデート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。