« Panda続報 | ホーム | MT3.15にアップグレード »

Pandaバッテリー交換完了

約束どおり、午前中にバッテリーが到着した。モノは「Brite Star Battery SMF 550-67」というやつ。二日酔い解消も兼ねて(昨日ちょっと飲みすぎた)、早速バッテリー交換作業。

といっても、すこぶる簡単。作業は30分ほどで終了してしまった。作業過程は次の通り。

まず箱から取り出す。軍手も着いてきた。結構重い。


車のボンネットを開ける。ためしに古いバッテリーのままでエンジンをかけようとしたが、また昨日と同じ状態でかからなかった。やっぱりかなりバッテリーがダメになっていた模様。

古いバッテリーを取り外す。まず、マイナス端子、次にプラス端子の順番で取り外す。パンダの場合は底が固定されているので、ネジを緩めて固定器具もはずす。そうすればバッテリーが取れるので、水平を保ったまま取り出す。

次は、新しいバッテリーの取り付け。バスケスで買った欧州車用のバッテリーは横に赤い小さな液漏れ防止用のフタが付いてるので、それをはずして台座に置く。さすがにすっぽりと収まる。後は同じ作業。まず、台座の固定器具を締め付ける。

今度はプラス端子から取り付ける。このとき、マイナス端子に同時に触れてショートさせないように。プラス端子が付いたら、マイナス端子をつけておしまい。

実に簡単。試しにエンジンをかけてみると、スターターが力強く勢いよくまわり、一発でエンジンがかかる。なんとも頼もしい限りである。

安くバッテリー交換できて非常に満足。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/279

コメント(2)

本日、PANDAのバッテリーが上がってしまいました(^^;)
無料ロードサービスを呼んで、ブースト&チャージを頼んて、とりあえず復帰したので、喜んでいたら夜になったら、また死亡!
偶然にも、同じバッテリー屋さんから、通販でBrite Star Battery SMF 550-67」を発注してあります。
自分で装着してみようと思い、ぐぐっていたら、ここにたどり着いたという次第です。
一寸不安なのですが、バッテリーの交換作業って自分でも出来ますよね?(苦笑)
バッテリーのプラグ端子を外すときは、普通のドライバーで平気なんでしょうか?
まぁ、質問するまでもなく、見てみればいいだけなんですけどね。。。

コメントありがとうございます。寒い時期ですから特にバッテリーは弱りやすいですね。

結果から言うと、現在のバッテリーで満足してます。交換作業は特に難しくありません。内の場合はドライバーではなくて、小さめのモンキーレンチでボルト緩めました。あと、固定器具が固まっていたので、はずすのに少々苦労しましたけど。

力強くスターターが回って一発でエンジンかかると気持ちいいですね。

現在、ブレーキパッドが交換時期に来ているので、どこか安く交換してくれるところを探しているのですが(パッド自体は通販で購入予定)。千葉近辺でいいところをご存知の方は教えてください。

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2005年1月26日 12:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Panda続報」です。

次のブログ記事は「MT3.15にアップグレード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。