« 地方の食文化をつぶすもの | ホーム | クリニャンクールのノミ市へ »

マヨネーズが東名高速に散乱

まさか誰もマヨネーズのために5kmも渋滞とは思っていなかったでしょう。

4日午後8時50分ごろ、静岡県菊川町牛渕の東名高速上り線で、マヨネーズ2万7480本(916箱、計11トン)を積んで登坂車線を走行中の大型トラックが、故障で停車中の大型トレーラーに追突、弾みで約半分のマヨネーズが約100メートルにわたって散乱し、全3車線をふさいだ。後続車の通過などでマヨネーズの中身が路面に飛び散ったため、油の除去作業に手間取り、袋井―相良牧之原インター間が約5時間通行止めになり、現場を先頭に最高約5キロの渋滞になった。(1/5 朝日新聞)

5.5トンのマヨネーズ。マヨラーにはたまりませんな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/266

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2005年1月 5日 11:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地方の食文化をつぶすもの」です。

次のブログ記事は「クリニャンクールのノミ市へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。