« Pandaマフラー その後 | ホーム | テールスープ »

On The Street Corner 1, 2, 3 - 山下達郎

初めての日本人アーティスト登場。大御所、山下達郎のアカペラアルバム。すばらしい。聴くとアカペラバンドやりたくなること間違いなし(俺は聴くたびにいつも、本当にやりたいなと思うのである)。

ON THE STREET CORNER 1
ON THE STREET CORNER 1
posted with amazlet at 05.05.14
山下達郎 レッド・ステュワート チルトン・プライス
ピー・ウィー・キング チャック・ウィリス
ジェリ・リーバー フィル・スペクター モートン・クラフト
セルマ・クラフト アラン・フリード
ワーナーミュージック・ジャパン (2000/01/26)
売り上げランキング: 7,592
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 5
5 アカペラの記念碑アルバム
5 アカペラアルバムの金字塔
5 伝説の名盤が、再発されました。

アカペラといってもこのアルバムのやつはなんと一人アカペラ。すべてのパートを山下達郎一人が歌っているからすごい。

曲は60年代から80年代にかけてのアカペラの定番ばかり。ドゥワップとでも言おうか。実は小生、学生時代、一瞬アカペラ(ドゥワップ)をかじろうとしたことがあったが、なかなかハモリが合わず、しかも練習後の飲み会がこそが本番と言う感じで、快感を味わう前に挫折してしまった過去がある。なので、これだけハモれて思いっきり謳えたらさぞ気持ちよかろう、と心から思う。

選曲もよい。俺的には「Alone」なんか軽快でかつ、心に響いていい。ついでに、On The Street Corner 2と3も聞くべき。というか1を聞いたら必ず聞きたくなるはず。紹介してしまおう。

「So Much In Love」とか「Why Fools Fall In Love」なんか、まさしくドゥワップという感じ。一方、3に入っている「Love Can Go The Distance」なんか、確かNTTのCMで昔使われていたと思うのだが、しんみりとしてきてしまうのだ。しかし、今このCD聴きながら書いてたら、もう一度アカペラバンド無性にやりたくなってきたぞ。

ON THE STREET CORNER 2
ON THE STREET CORNER 2
posted with amazlet at 05.05.14
山下達郎 ジョセフ・M・ラッカル アルバート・ゲイムス
マーシャル・ポール ウイリアム・ジャクソン ロイ・ストレイジス
ジョージ・ウイリアムス テディ・ランダッツォ
ボビー・ウェインスタイン ウィルバー・メシェル
ワーナーミュージック・ジャパン (2000/01/26)
売り上げランキング: 38,493
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.6
5 たっつぁんが本当にやりたいこと?
5 冬になると
5 職人再びたつ


ON THE STREET CORNER 3
ON THE STREET CORNER 3
posted with amazlet at 05.05.14
山下達郎 ラルフ・ベース ローマン・ポーリング
ベン・E.キング ジェリー・レイバー マイク・ストーラー
エスサー・ナバロ シド・テッパー ロイ・ベネット
ノーマン・フォックス
ワーナーミュージック・ジャパン (1999/11/25)
売り上げランキング: 10,858
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.75
4 1、2に続いて3も鳥肌立ちます!
5 職人の創る音
5 DOO WOP

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/361

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2005年5月14日 23:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Pandaマフラー その後」です。

次のブログ記事は「テールスープ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。