« 太東は小波 | ホーム | 久しぶりのアユタヤ »

政治家の節操 2

結局、郵政民営化法案は昨日参議院で否決され、衆議院解散となってしまった。今回の政局で非常に目に付くのは、自民党内の反対派とよばれる奇天烈な議員達。

小泉に言わせると、郵政民営化という公約を掲げて自民党総裁になったのだから、それに賛成しない人は、次の衆議院選挙で公認しない、とのこと。

この点については、小泉の言うことはもっともだと思う。総裁に選出されるときに掲げた公約を守ろうとするのを阻止する、と言うのは普通に考えるとおかしい。非常識である。

きっと、小泉人気にあやかって小泉を立てたものの、自分の都合の悪い法案には賛成できない、という魂胆がミエミエである。自分達が多数決で選んだ総裁を支持できないといいつつ、自民党および小泉人気にぶら下がっているのは、みっともないこと甚だしい。

反対派議員よ、今すぐ離党しなさい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/380

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2005年8月 9日 01:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「太東は小波」です。

次のブログ記事は「久しぶりのアユタヤ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。