« 今年初乗り | ホーム | 一宮は晴天 »

シングルモルトが面白そう

最近(ちゅうかちょっと前から)、シングルモルトに少々興味がある。ウィスキーなんて学生時代にハーパーとかアーリータイムスなんかのバーボンを飲んで以来で、シングルモルトなんちゅうのはこの年で初めて飲む代物である。飲んでみると、個性が強くてなかなか面白い。

初めて飲んだのはFrankufurtのホテルのバーで飲んだマッカランの12年。マッカランはスペイサイドだが、正直それほど個性を感じず、
「うーん、旨い。旨いがよくわからん」
といった感じであった。翌日には同じバーでラフロイグを飲んだ。ここで「なんじゃこりゃー」的な衝撃。アイラ特有と言われるピート臭がものすごい。例えづらいが、なんともいえないスモーキーな香りと塩辛さが印象的であった。

その後、大阪に泊まるときにはよく行くショットバーでいろいろと飲ませてもらう。アイラのピート臭が今のところ気になる存在なので、ボウモアとかアードベッグとかいろいろ。そのうち
「これは個人的なモルトで店には出してないんですけど、すごいっすよ」
と言われて出されたのがアードベッグ ウーガダール(Ardbeg Uigedail)というもの。確かに強烈なピート臭とパンチが効いていた気がする(酔っていたのであまり記憶なし。バーテンさんごめんなさい。)。あとはラフロイグ クォーターカスクなど。

ちゅうわけで、今うちにはLaphroigが置いてある。日本で買ってもそれほど高くないことが判明。

しかし、俺も実はブームに乗せられているんだろうけど、シングルモルトブームがちょいと顔をのぞかせているようで、ちょっと不安。ウィスキーなんか好きでもないオッサンがブームに乗っかっちゃって薀蓄垂れたりなんかした日にゃ、日本の輸入業者がシングルモルト買占めなんかしたりして、旨いものが手に入りづらくなったりして…。

先日もレオンあたりで「モテるオヤジはシングルモルト」的な特集組んでたみたいだからな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/397

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2006年1月21日 01:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年初乗り」です。

次のブログ記事は「一宮は晴天」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。