« OperaとSylpheed | ホーム | Opera9.0 »

Sylpheedにベイジアンフィルタ

Sylpheedはいくつかの既存のベイジアンフィルタを使って迷惑メールを使い分けることができる。今回はbsfilterというやつを使ってみる。

上記のリンクからダウンロードして適当なところで解凍。中に"bsfilterw.exe"という実行ファイルがあると思うので、それをSylpheedのインストールディレクトリにコピーする。おそらくインストールディレクトリには、すでにiconv.dllというdllファイルはあるとおもうので、これでbsfilterを使うことができる。

Sylpheedの「全般の設定」で「迷惑メール対策おを有効にする」にチェックマークをつけるだけ。

迷惑メールは「bsfilterw -su」
非迷惑メールには「bsfilterw -cu」
判定コマンドには「bsfilterw」
と記入。

たとえば迷惑メールフォルダとして「#mh/メール箱/spams」などをつくれば、迷惑メールと判定されたものは自動的にそこに移動される。

あとは学習あるのみ。一応、誤判定が恐いので勝手にゴミ箱に行かないようにしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/456

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2006年6月21日 15:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OperaとSylpheed」です。

次のブログ記事は「Opera9.0」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。