« 一宮?ムネ程度 | ホーム | ニンニクの保管方法 »

Sylpheedというメーラー

メーラーは長いことEdmaxにお世話になったが、最近Google Groupsを始めてそこから送られてくるメールが、おそらく文字コードの関係なのか、Edmaxでは満足に読めなくなってしまった。というわけで、今まで特にEdmaxに不満はなかったのだが(更新が滞っている、というのが唯一の不満?)、別のメーラーを試してみることに。今回目をつけたのは、UNIXからWindowsに移植された「Sylpeed」というGUIのメーラー。

UNIXの世界では、軽快な動作で定番らしい。で、このあたりの説明を見ながら、とりあえず全データをEdmaxからSylpheedに移行してみた。

で、どうだったかというと。大量のメールを食わせると、なんとなく動きがもっさり。やっぱりEdmaxってかなり軽快で使いやすかったのだとつくづく思う。それと、メール作成画面がタブ形式にできないのも難点。

ただ、それ以外は特に不満はなし。頻繁に更新されているようなので、今後のアップデートに期待して、しばらく使ってみるつもり。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/453

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2006年6月 6日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一宮?ムネ程度」です。

次のブログ記事は「ニンニクの保管方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。