« ホノルル ?今回もポップスへ | ホーム | タグクラウド »

MT3.32を再インストール

最近MTのアップグレードをサボっていたのだが、いつの間にやらMT3.32が出ていた。結構変わってるみたいだし、krbys.netもMT2.6くらいから使っているので、テンプレート類が結構ぐちゃぐちゃ。更に記事数もかなりの数になってダイナミック・パブリッシングじゃないと結構サーバーに負荷になる。というわけで、今回MT3.32をクリーンインストール。その経過を記す。参考にされる方は自己責任で。

0.とりあえずExport
今までの記事、おをびMySQLの内容をとりあえずExport。

1.MTをダウンロード
今回日本のサイトからダウンロードしようとしたがなぜかうまく落ちてくれなかったので、本家Six Apartからダウンロード。これを適当なところで開く。英語版でも、インストール時に英語となるだけで、インストールしてしまえば日本語表記が選べる。

2.環境を作る
俺はXREAを使っているのだが、FTPでサーバに入って、そこに、MT本体をインスールするところを作る。今回はcgi-binの下にMTというフォルダを作った。また、MTのスタティックファイルを置く「mt-static」というフォルダをindex.phpを置く場所に作る。

3.mt.cgiをいじる
ダウンロードしてきたファイルの中に「mt-config.cgi.original」というファイルがあるはずである。これをエディタで開く。

まず「CGI Path」の部分に、MTをインストールする場所を書き込む。URLにて。次に、「StaticWebPath」の部分に、先ほど作ったmt-staticの場所を書き込む。これもURLにて。

データベースの設定を書き込む。俺はMySQLを使うので、MySQL以外の記述の部分を#でコメントアウト。MySQLの部分をいじる。Database名とDBUserとDBPasswordの部分のみいじった。XREAの場合はDatabase名とDBUserは同じになるんだと思う。これを一旦保存。

4.ファイルをアップデート
サーバにファイルをアップデートする。FTPにてまず「mt-static」をすべて、先ほど作った「mt-static」にアップデート。次に、MTをインストールするフォルダに移動し、そこにそれ以外のフォルダおよびファイルをすべてアップデート。

5.アップデートしたファイルをいじる
アップデートしたファイルのなかで、まず「mt-config.cgi.original」を「mt-config.cgi」という風に名前を変える。次に、アップデートしたCGIファイルの属性をすべて「755」に変更する。

6.インストールできるか確認
ブラウザにて「http://(CGIPath)/mt-check.cgi」と入れてEnter。これでずらずらといろんな文字が出てくるが、最後に「Ready to go!」見たいな感じの文章が出てくればOK。

7.インストール
「http://(CGIPath)/mt.cgi」をブラウザで実行する。インスールが始まる。無事に終われば、ユーザ名やパスワードなどを設定して完了。

8.その他
ログインしたあと、いろいろと設定。phpでやりたいので、とりあえずMain IndexやArchive Indexの出力ファイルを….phpに変更し、FTPで今まであったhtmlファイルを削除。さらにダイナミック・パブリッシングにしたいので、とりあえず「アーカイブファイルのみ」を選ぶ。再構築すれば、とりあえずサイトができているはずである。

事前にExportしていた過去記事をImportする。CGIPathのところに「import」というフォルダがあるので、ExportしていたバックアップファイルをFTPでそこに移す。「読み込み/書き出し」を選んで読み込みの設定をするとすべての記事のImport完了。

とまあ、こんな感じでとりあえず再インストールは終了。やっぱりダイナミック・パブリッシングは再構築が激速。今回からタグなんちゅうのもできたみたいなので、いろいろといじってみるつもりである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/475

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2006年9月12日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホノルル ?今回もポップスへ」です。

次のブログ記事は「タグクラウド」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。