« Shark Jumping | ホーム | カリフォルニアの風 »

コンセントでネット接続 ? PLCアダプター発売

家のコンセントにアダプターを差し込むだけで、家庭内LANができてしまう。PLC(Power Line Communications)に対応するアダプターが発売されているみたい。かなーり便利そうではあるが、いろいろと問題点も抱えているらしい。
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/16162.html

例えば短波に対する問題。発生させるノイズが短波放送、例えばアマチュア無線などに影響するらしい。

PLCアダプターの近くの電源にACアダプターを差し込んだりしても、逆にACアダプターが発するノイズがPLCアダプターに影響して、通信速度がかなり落ちる、という報告もあるみたい。

セキュリティに関しては、PLCは信号が全て暗号化されていて、親アダプターと子アダプターとの間できちんと設定している限り、電力線に乗って屋外にもれた信号が解読される、ということはほぼなさそう。

どちらにしろ、家庭内LAN的な使い方になると思うので、今までどおりADSLとか光と契約して、インターネットを家まで引っ張り込んだ上での話。なので、言ってみれば屋内で無線LAN環境を構築するか、それともPLC環境にするか、といった程度になりそう。

無線LANと比べても一長一短あって、セキュリティ的にはPLCの方が強固であるが、値段的には無線LANの方がお手ごろ。でも、無線LANは電波の状況が場所によってばらつくのに対し、PLCの場合はそれほどばらつきがない。でも、他の電力線に乗るノイズには弱いという弱点もある。

我が家はしばらくは無線LANで動向を見守ることに。どうなるんでしょ?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/545

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2006年12月 6日 10:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Shark Jumping」です。

次のブログ記事は「カリフォルニアの風」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。