« 大山千枚田 | ホーム | 太東は波、ねぇ… »

手打ちうどん、でんぷん入り

いろいろ試行錯誤してもなかなか強烈なコシが出ない。「でんぷんを混ぜればコシが出る」との情報を得たので(コシの強さで定評のある冷凍うどんの原材料にも「でんぷん」あり)、邪道ではあるが試してみる。粉:水:塩=100:45:6。粉の5%を片栗粉に変えてみた。

でんぷんを入れたことで、かなり様相が違ってきた。まずこねる段階であるが、なかなか粉がまとまらない。

ある程度手でこねて形を何とかまとめて寝かせてなじませ、足踏みに入るが生地がかなり硬い。がちがちである。さらに粘度が少ないので、なんとなく端のほうがモロモロと崩れてくる。ちゃんと延ばせるのか心配になってくる。

結局、延ばせなかった。かなりがちがちの生地。麺棒ではまったく歯が立たない。無理やり延ばしたが、かなり分厚いうどんができた。

ゆでてみたけど、思ったほどコシはなし。とりあえずでんぷん混合うどんは失敗である。やめといたほうがいい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/599

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2007年4月30日 11:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大山千枚田」です。

次のブログ記事は「太東は波、ねぇ…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。