2008年1月アーカイブ

2008年1月31日

藤沢周平「用心棒日月抄」

この本を読む前に、以前このブログに書いた、大佛次郎の「赤穂浪士」を読んでからこの本を読むことを強くお勧めする。読んでみればわかる。面白さがぜんぜん違う。

用心棒日月抄
用心棒日月抄
posted with amazlet on 08.01.31
藤沢 周平
新潮社 (1981/03)
売り上げランキング: 4111
おすすめ度の平均: 4.5
4 軽く,そして深い時代小説。
4 緊迫感が心地よい
5 時代小説の最高傑作

続きを読む: 藤沢周平「用心棒日月抄」

2008年1月27日

Movable Type4.1出た

MT4.1がが早速出たみたいで。先ほどMT3.3からMT4.01aにアップグレードしたばかりなんだけど。とりあえずMT4.1にアップグレードしときました。

作業としては、新たにダウンロードしたMT4.1をFTPで上書きするだけ。

続きを読む: Movable Type4.1出た

2008年1月25日

鉄道博物館に潜入!平日でもなかなか混雑

ついに鉄道博物館(鉄博)に潜入!噂に違わずすごかった。とりあえずは、お決まりのスポットよりお決まりの写真を。

trains.jpg

神奈川県からわざわざ電車で1時間半かけて遠征。でも湘南新宿ラインでしかも始発の逗子からだったので、行きは楽チン。クロスシートでポテトチップスなどをつまみながら、しばし旅気分。息子もすでに興奮気味。鉄博はディズニーランドばりの混雑と聞いていたが、平日というだけあって、寿司詰め状態とまではいかない。だが、平日なりにかなり人は入っていたのは確か。

続きを読む: 鉄道博物館に潜入!平日でもなかなか混雑

2008年1月24日

今日の富士山(とHandy Taskman V.2.0)

昨日まで冷たい雨交じりの曇天。今日の昼くらいから快晴に。北寄りの風がかなり強くて寒かったが、日本海側は大荒れ、東京でも雪が結構降ってたみたいだけど、葉山では一度も雪を見ず。

fuji.jpg

散歩の帰りに、近くの神奈川県の景勝50選の一つである「森戸の夕照」というやつ。相模湾に夕日と富士山というのはいつ見ても最高。特に冬は。
続きを読む: 今日の富士山(とHandy Taskman V.2.0)

2008年1月23日

MT4.01aにUpgrade

もうじきもうじきMT4.1が出るらしいが、今更ながらMT4.01aにアップグレード。印象。インターフェイスが変わったりして、わかりやすいといえばわかりやすいが、重い。その他の機能はこれから。とりあえず、Upgradeの記録。

Movable Typeの公式サイトからダウンロードしてくる。ダウンロードしたファイルの拡張子が「htm」になっているので、勝手に「zip」に書き換えてLhaPlusで解答したらフォルダができる。

続きを読む: MT4.01aにUpgrade

2008年1月22日

かねます @ 勝どき & GINZA YATAI BAR

"高級立ち飲み割烹”といわれる「かねます」。やっぱり料理は一流だった。値段も一流だけど。

数年来生きたいと思っていた勝どきにある立ち飲み屋。今日やっと念願かなって開店の16時に入店。ビールは上品なエビスの中瓶。今回頼んだメニューは、生湯葉、ウニの牛肉巻き、ふぐ刺しの白子あえ、牛煮込み、アンキモ。どれも上品にもられ、味ももちろんよい。特に名物であるウニの牛肉巻きは、山盛りのウニが刺しの入った牛肉にまかれていて、かなり濃厚。

それにあわせるお酒が下町ハイボール。いわゆる普通のハイボール(ウィスキーソーダ)ではなくて、特殊なエキスを炭酸で割ったものらしいが、これもすっきりとうまい。

料理もまさに料亭の味。でも、一皿平均1500円以上の料理。料亭で食べるよりは割安だと思うが、庶民の俺が気軽に行ってぐいぐい飲むにはちょっと気合がいるお店であった。

ちなみに、その後は立ち飲みつながりで銀座一丁目にある、「GINZA YATAI BAR」へ。スタンディングのテーブルと椅子付のテーブルあり。ここは打って変わって一皿500円の料理に、ワインもボトルで2000円からとかなりリーズナブル。ただ、"YATAI"だけにちょっと寒くて、早めに退散。テーブル席にすわったが、ひざ掛けを頂いたのは良かったのだが…。でも、この店、今後も使えそう。

2008年1月19日

ミラノで食ったもの

今回ミラノに行って食ったもの。やっぱりイタリア最高。

まずは、生の魚。Duomoからちょっと入ったところで見つけた、"da Claudio"という魚市場的な店。ここで"Crudo Peche(生の魚?)"を注文。12.5ユーロで白ワイン一杯着き。
Crudo_peche.jpg
オリーブオイルと塩で食べる。まあまあうまい。これが遅めの朝飯。

続きを読む: ミラノで食ったもの

2008年1月14日

avast!よりNOD32

ウィルス対策ソフトの話。やっぱりNOD32は軽い。

最近フリーの割りに高機能なavast!を使い続けていたのだが、どうもネットの通信速度が遅い。Bフレッツにもかかわらず、下り速度が8Mbpsくらい。不思議なことに上りは30Mbps出たりする。はじめはルータの設定を疑っていたのだが、avast!のWebシールドをOffにしてみると、下り速度が30Mbps以上出た。原因はavast!。

続きを読む: avast!よりNOD32

2008年1月11日

705NKに広辞苑を

あの分厚い広辞苑が携帯電話の中に入ってしまった!

先日オークションで1000円で入手した広辞苑第5版のCDROMからデータを抜き出して705NKにインストール成功。必要なものは
Active Perl
DDwin(電子辞書検索ソフト)
PDIC for win32
MobiPocket Reader(PC版)

続きを読む: 705NKに広辞苑を

2008年1月 9日

庭いじり - 砂利敷き詰め

去年の夏に新築した。経費節減のために、自分でできるところは自分ですることにしていた。庭の芝張りとか、花壇作ったりとか。最後に残っていたのは、家の周囲の土地。土まるだしの状態で夏になると雑草が生え放題で手入れも一苦労。最後に残っていたこの土地に、今日砂利を敷き詰めた。

続きを読む: 庭いじり - 砂利敷き詰め

2008年1月 8日

「奇跡のマンモス リューバ」

奇跡のマンモスと呼ばれるリューバが丸ビルで公開されているので家族で見学。リューバとは、最近ロシアのヤマル半島の凍土の中から出てきた、3万7000年前の子マンモス。ほぼ完全な形で出てきた、世紀の発見なのだそうだ。

平日午後であったが、そこそこの賑わい。

続きを読む: 「奇跡のマンモス リューバ」

大佛次郎「赤穂浪士(上・下)」

あけましておめでとうございます。しばらく忙しくて記事書いていなくて、久々の投稿。

去年の末から、大佛次郎の「赤穂浪士」、読みました。最近時代小説(特に池波正太郎)にはまっている俺であるが、王道ともいうべき忠臣蔵ものは読んだことがなかった。ということで、年末でもあるし、忠臣蔵小説の金字塔とも言われる、大佛次郎の「赤穂浪士」を読むことにした。残念ながら旧年中に読破することはできなかったが、つい昨日読み終えた。

読後感?かなりいい!

赤穂浪士〈上巻〉 (新潮文庫)
大仏 次郎
新潮社 (2007/11)
売り上げランキング: 95850
おすすめ度の平均: 5.0
5 これほど面白いとは。

赤穂浪士〈下巻〉 (新潮文庫)
大仏 次郎
新潮社 (2007/11)
売り上げランキング: 54645
おすすめ度の平均: 5.0
5 赤穂浪士の示した武士道。
続きを読む: 大佛次郎「赤穂浪士(上・下)」

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。