« かねます @ 勝どき & GINZA YATAI BAR | ホーム | 今日の富士山(とHandy Taskman V.2.0) »

MT4.01aにUpgrade

もうじきもうじきMT4.1が出るらしいが、今更ながらMT4.01aにアップグレード。印象。インターフェイスが変わったりして、わかりやすいといえばわかりやすいが、重い。その他の機能はこれから。とりあえず、Upgradeの記録。

Movable Typeの公式サイトからダウンロードしてくる。ダウンロードしたファイルの拡張子が「htm」になっているので、勝手に「zip」に書き換えてLhaPlusで解答したらフォルダができる。

データベースに関しては、はXREAでMySQLのあたらしいデータベースを用意。FTPでサーバに入って、インストールフォルダとmt-staticを置くフォルダを作っておく。

解凍したフォルダの中の「mt-onfig.cgi.original」のファイル名を「mt-config.cgi」に変更して開く。CGIPathにはプログラムを置く場所を(例えばhttp://xxx.yyy.zzz/cgi-bin/mt/)、StaticPathにはmt-staticを置く場所を指定(例えばhttp://xxx.yyy.zzz/mt-static)。今回はMySQLを使うので、MySQLの該当場所にDatabase名、User名、パスワードを記入。それ以外は触らない。SQ-Liteとかその他のDatabaseの欄は#でコメントアウトしておく。

mt-staticファイルにmt-staticの内容をすべてFTPでアップロード。ちなみいにimagesフォルダはバイナリモードで。それ以外のフォルダ、およびファイル類はすべてインストールフォルダにアップロードする。拡張子がcgiのファイルはすべて属性を755に変更。

あとは、ブラウザで「(今回の場合)http://xxx.yyy.zzz/cgi-bin/mt/」と入れれば、ログイン画面が出てくる。一応システム要件を調べるリンクが出てくるので、そこをクリックして調べておいたほうがいいかも。

その後ログインをクリックして、指示に従えば、無事にインストール終了。

今回ちょっと手間取ったのが、データのインポート。以前のMT3.34からデータはエクスポートしていたのだが、そのファイルが大きすぎて(といっても1.7MBくらい)、一度にインポートできないのである。インポートファイルを分割してインポートしようとしても、一つ目のファイルは読み込んでくれるのだが、二つ目以降は読み込んでくれない。

いろいろと調べた結果、改行コードが「CF」でなければダメだということが判明。改行コードをCFにして分割したファイルを作ったら、無事に読み込んでくれた。

やっぱり、今記事を書いてても思うけど、なんとなくモッサリ感がぬぐえない。かなり重いね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/651

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年1月23日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かねます @ 勝どき & GINZA YATAI BAR」です。

次のブログ記事は「今日の富士山(とHandy Taskman V.2.0)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。