« 手打ちうどん | ホーム | 由比ガ浜、円覚寺、BBQ »

白渚

shirasuka.jpg低気圧が接近する中、朝一で川崎在住の友人とアクアラインをぶっ飛ばして館山の白渚へ。さすがに南房総、曇り空だが水は青い。波は肩くらい。オンショアきつくて、アウトに出るのも一苦労。

8時半ごろ入った。数人のショートおよびロングがいたけど、波は結構ぐちゃぐちゃであまりうまく乗れてなさそう。本当に沖に出るのがきつくて、かなりパドリング筋強化。いたるところで波が割れるので、出るコースもぜんぜん定まらず。その割には、沖にでて乗れたのが4,5回のみ。しかも、一気にホレるので、板が突き刺さること数回。折れたかと思った。

一旦休憩して、再度次から次へと襲ってくる波と格闘していたが、適当なインサイドで乗ろうとすると、巻かれてその拍子にスタビライザーで足を強打。そのはずみでスタビライザーがもげた。二つある締め付け部分のうち、一つは根っこからぽっきり、もう一方は取り付け部分ごとごっそり取れていた。当然流れていったフィンは見つからず。かなりブルー。

よって、1時間ちょっとで今日は終了。そのころには誰もいなくなっていて、友人もかなり疲れた様子だったので引き上げた。着替えているところで雨が降り出し、結構な強雨に。

aji.jpg腹が減ったので、平砂浦のポイントなんかを眺めついでに、だいぼという魚料理の店に立ち寄る。アジづくし定食。アジの刺身とたたきとなめろうで1500円。ご飯をお替り。うまかったが、今日の波と天気がよければなぁ、としみじみと感じた次第。

豪雨の中車を走らせ、帰宅したころには神奈川では雨はすっかり上がっていた。こういう日に限って湘南の波がいい、というのはよくあるパターン。でも、板がだめなので、早速近所のサーフショップの「ITAGOYA」さんに板を持っていく。林さんという方が丁寧に対応してくれた。フィンの取り付け部は工場に持っていくとのことで、一週間くらいかかるみたいである。フィンのほかに割れているところ2ヶ所の修理もお願いして12000円ほど。痛い出費。でも、このお店、なかなか親切そうなので、これからもお世話になりそう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/676

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年3月24日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「手打ちうどん」です。

次のブログ記事は「由比ガ浜、円覚寺、BBQ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。