« 京都、梅小路蒸気機関車館 | ホーム | 新幹線で博多南へ »

別府、竹瓦温泉

takegawara.jpg祖母の住んでる別府を訪問。初めて竹瓦温泉に行った。ここは別府温泉の元祖とも言うべきところで、別府市民でここを知らないものはモグリと呼ばれるらしい。お湯がめっぽう熱いことでも有名らしいが、ここに砂風呂があるというので、いっちょ行ってみることにした。道後温泉的、この古めかしい概観がかなりナイス。

砂風呂自体は、小さい頃ひょうたん温泉で入ったことがあるのだが、妻は初めて。

浴衣に着替え砂の上に寝転がると、動かないように念を押された後、おばさんが砂をかけてくれる。この砂、相当重い。じわじわと汗が出てくるのだが、砂の温度以外に、砂の圧迫効果もかなりあると思われる(それと前夜の二日酔い)。15分ほど入って上がったが、結構疲れた。体も不自由だし、ま、砂風呂はしばらくいいかな、という感じ。

その後、普通の温泉に。噂どおりかなり熱い。「42度が適温です」などと書かれているが、どう考えても45度くらいあると思う。1分くらい浸かるのが限度。2,3回使って上がった。

でも、湯上り感は非常にさっぱりで気持ちよかった。

この後、祖母のうちの近所の温泉(吉弘温泉、これも結構熱い)にもう一度入って、俺の実家に帰ったのだが、風呂に入る過ぎたか湯あたり的症状が出てしんどかった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/680

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年5月 3日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都、梅小路蒸気機関車館」です。

次のブログ記事は「新幹線で博多南へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。