« 玄箱Pro、復活 | ホーム | 知床・釧路湿原の旅 ? 1日目 »

デナリ国立公園 ANCから日帰りの旅

以前から一度行ってみたかったデナリ国立公園に、アンカレジから日帰り旅行。レンタカーで午前10時半にアンカレジを出発。この時期、なかなかレンタカーは取りづらいのだが、運よくコンパクトをゲット。

デナリまでは片道4時間と聞いていた。デナリは自家用車は入れないので、到着後バスツアーに参加することになるのだが、2時半出発のツアーを当初狙っていた。ぶっ飛ばせば3時間半くらいで着くんじゃないか、と踏んでいたが、結局80マイルくらいで飛ばしても4時間かかった。

3時発のToklatという地点を往復するツアーに参加することに。往復6時間で30ドル弱。そういえば、2時半発のツアーは99ドルということだったが、結果からいえば今回の安いツアーで十分。高いほうはナレーションがつくらしいのだが、今回のツアーでもドライバーがいろいろとガイドしてくれた。

バスは、アメリカのスクールバスのような感じ。ドライブ中、誰かが動物を見つけると、しばらくエンジンを切って止まってくれる。自然版のサファリパークバスといった感じ。広大な大地をバスは走る。

デナリは地形がすごかったりというよりは、自然動物が見どころのようである。途中、ムース、カリブー、グリズリー、キツネ、ヤギなどいろんな動物がいた。その度にバスは止まり、みんなで観察。ドライバーが結構動物を見つけてくれる。道のど真ん中に巨大なグリズリーがいたり、急な斜面にヤギがいっぱいいたりと、結構感動である。

Toklatという地点まできて、バスは折り返す。ちなみに、バスは1時間半毎にトイレ休憩に止まってくれる。

帰りも動物を見ながらのんびりとドライブ。途中、雲が晴れてマッキンリーが見えたのには感激。冒頭の写真の真ん中に小さく写っている雪山である。

デナリの出発点に戻ってきたのは、夜中の9時半。とはいえ、この時期のアラスカはほぼ白夜で、9時半でも日本の夕方4時くらいの明るさ。そのままぶっ飛ばしてアンカレジに着いたのは夜中の2時であった。さすがに薄暗くなっていたが。

またゆっくり来てみたいところである。トレッキングなど気持ちいいかも。くまが怖いけど。付近に感じのいいロッジなどもあったので、その辺にも泊まってみたいものである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/744

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年6月29日 21:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「玄箱Pro、復活」です。

次のブログ記事は「知床・釧路湿原の旅 ? 1日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。