« 玄箱ProのDebian化 備忘録1 | ホーム | 2週間ぶりの波乗り 由比ガ浜 »

早速、玄箱Proに接続できない状態

玄箱のSamba導入、およびmt-daapd導入はうまくいったのだが、玄箱のIPアドレスはDHCPに任せていたので、サーバーとしては固定アドレスがいいだろう、ということで、簡単な気持ちで/etc/network/interfacesのIPアドレスを適当なものに書き換えてRebootしてしまった。

これでアウト。host.allowの内容を書き換えていなかったため、SSHでもTelnetでもつながらなくなってしまった。

背面のResetスイッチを長押ししたりいろいろ試してみたけどだめ。そもそも玄箱およびHDD自体は正常なわけで、どうにも手も足も出ない状態になってしまった。

こうなればシリアルコンソールしかないか...、と購入を検討。しかし、結局購入したのは、SATA→USBの接続ケーブル。

・シリアルコンソールは保障が切れる半田付け作業を伴う
・ちょっと高い(3000円弱)

ということで、今回シリアルコンソールの改造セットは購入しないことにした。SATA→USB接続ケーブルは1500円くらいだし、今後もなにかと使えそうな気がするので。

とりあえず、HDDを取り出してUSB経由でPCにつないで/etc/host.allowを書き換えれば無事に動くはずである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/739

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年6月26日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「玄箱ProのDebian化 備忘録1」です。

次のブログ記事は「2週間ぶりの波乗り 由比ガ浜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。