« 知床・釧路湿原の旅 ? 3日目 | ホーム | 由比ガ浜で波乗り、一色海岸で海水浴 »

知床・釧路湿原の旅 ? 4日目

いよいよ最終日。今日の目玉はカヌーで釧路川を下る。

朝食後、早速出発。近くの塘路湖畔へ。カヌーに乗り込む。パドリングは初めてだったが、結構腕が疲れる。要領がまだつかめていない。

湖を横切ると、アレキナイ川という小さな川に入る。ここは両岸がジャングルのよう。柳とかハンノキが生い茂っている。途中、カモの親子が泳いでいたり、オジロワシがいたり、アオサギがいたりと自然観察が楽しい。なにより青空と吹きぬけるさらっとした風が最高に気持ちい。風と水の音に酔いしれていると、後ろから日本酒のワンカップの差し入れが...。釧路の地酒「福司」。うまい。

その後釧路川に出て、湿原の中を進む。釧路湿原はカヌー以外の立ち入りは禁止されているそうだ。カッコウがいたり、鹿がいたりとこちらも楽しい。約2時間でカヌーの旅は終了。でも最高に気持ちよかった。

急いで宿に戻り、最後にさっと温泉に浸かって、塘路駅まで送ってもらう。ここから釧路まで「釧路湿原ノロッコ号」に乗る。これも楽しみにしていた一つ。途中、ところどころ観光ポイントでかなり速度を落として徐行してくれる列車。釧路行きはDE10が後ろから押してくれる形だ。

でも、このノロッコ号、湿原を歩いたりカヌーで下ったりしたあとだったからかもしれないが、それほどの感激はなし。

これで今回のたびは終了。15時20分の飛行機にのり、羽田へと向かった。

知床も釧路湿原も、自然を実体験できてかなり満足。それに、やっぱりこの時期の北海道は最高に気持ちいい。また来てもいいかな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/743

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年7月10日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知床・釧路湿原の旅 ? 3日目」です。

次のブログ記事は「由比ガ浜で波乗り、一色海岸で海水浴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。