« ソンム湾鉄道(Chemin de Fer de la Baie de Somme) | ホーム | 釣果報告 10/08@真名瀬漁港・葉山 »

imperia(インペリア)のパスタマシーン

先日ミラノで、念願のパスタマシーンを購入。麺好き一家としては、是非持っておきたい逸品。Imperiaのものだけど、どうやら75周年バージョンらしい。本体の色がいぶし銀というだけだけど。イタリアで64ユーロしてえっちらおっちら持って帰ったのだが、どうやら日本でも一万円ちょっとで帰るらしい。よくあるパターンです。でもイタリアで買ってきた、という事実がいいのである。今日は初めてこれを使って生パスタを作った。

imperia1.png近くのスーパーにたまたまデュラム・セモリナがあったので購入。500gで卵4つが丁度よい。粉の袋には卵6個に塩などと書かれていたが、インペリアの説明書には、粉と卵のみがよいとのこと。適当にこねて1時間ほど寝かす。

インペリアのパスタマシーンを使うのは初めてなので、まず汚れを落とす必要がある。もったいないけど生地をちょっと使って実際に伸ばす。やってみると、記事に黒い金属粉のような汚れがついてくる。これが出なくなるまで何度も伸ばす。更に麺切りの部分にも何度も生地を通す。これで一通り汚れが落ちる。

ちなみにインペリアのパスタマシーンは絶対に水洗いしないこと!!さびるらしい。使い終わったら乾いた布やブラシでさっと拭くだけ。実際、生地がへばりつくこともないし、乾けばぽろぽろと落ちる。

imperia2.png実際にパスタを作ってみる。適当な大きさの生地をまず手でつぶして、マシーンに入る適当な厚さにする。マシーンで伸ばすのだが、始めは厚みのダイヤルを1で。一度伸ばしたら、二つに折りたたんでまた伸ばす。これを繰り返すと、きれいな四角の生地になる。

次はダイヤルを2にして再度伸ばす。これを繰り返して、今回はダイヤル4まで伸ばした。

次に麺を切る。麺切りの前に、伸ばした生地に打ち粉(強力粉を使用)をしておくこと。でないと、切った後に麺がくっついてしまう。

麺切りは今回はタリアテーレを使用。きしめんみたいなやつである。麺がきれいにきれたら、そっと取り分ける。この状態で10分ほど置いておくと生地が硬くなっていいらしい。

やってみると意外と簡単にできるし、なんといっても楽しい。

imperia3.png今回は、ミラノで買ってきた乾燥ポルチーニを使って、ポルチーニのクリームパスタに。

ポルチーニを少量の水で戻す。ソースは、まずにんにくをオリーブオイルで炒める。そこに戻したポルチーニを入れて炒める。その後、戻し汁と生クリーム(濃すぎれば牛乳も足す)に適量のパルメジャーノ・レッジャーノを削っていれる。塩コショウで味を調える。

タリアテーレを茹でて、ソースに絡ませる。最後に刻んだパセリをさっと加えて出来上がり。簡単である。

それで、味は...。うまい!こんなに楽しく簡単にうまい生パスタができていいんだろうか?という感じ。ただ、ちょっとタリアテーレとしては厚い感じ。次は暑さのダイヤル5くらいでやってみようと思う。

これなら十分お客さんのもてなしなどにも使えそう。新たな楽しみが増えてしまった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/765

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2008年10月 8日 23:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソンム湾鉄道(Chemin de Fer de la Baie de Somme)」です。

次のブログ記事は「釣果報告 10/08@真名瀬漁港・葉山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。