« 一色海岸で初乗り | ホーム | 由比ガ浜 »

今年2度目の波乗りは、バリ、スランガンで

nasigoreng.png
tailsoup.png
champon.png初めてバリへ。サーフィンやってきました。クタビーチはオンショア強かったので、スランガンへ。ビーチボーイ風のお兄さんと交渉して450000ルピア(4000円くらい)で。アリ君というバリニーズだったけど、いい人だった。

クタからスランガンまでは20分くらい。満潮に近づいていたけど、肩くらいのきれいな波が割れている。人もそれほど多くない。

板は7ftちょいのファンボードとなった。俺としてはかなり短い。しかも、ワックスがあまり塗られてなくて、ちょっとすべり気味。不安定ながらも200mくらいパドリング。

しかし、やっぱり短い板は勝手がわからず難しい。ぜんぜん乗れない。かなりホレて、ロングだとパーリングしそうな感じでテイクオフできる。それがわかるまでにかなり時間がかかって、結局2時間くらいで2回しか乗れなかった。風もサイドからやや強めでカレントもあって、パドリングのトレーニングという様相強し。かなり疲れたが、波はさすがにきれいだった。朝のほうが風がなくてもっといいらしいが、ローカルばっかりで絶対乗れないよ、とのこと。次はぜひ自分の板で乗りたいものである。短い板も、ちょっと面白いかも。体力的にきつそうだけど。

その後、マッサージ。波乗りの後にマッサージとは最高。晩飯は現地人仕様の屋台村のようなところで、激安ディナー。ナシゴレン6000ルピア(50円くらい)。真ん中の写真はテールスープ。最後にちゃんぽんのような麺。腹いっぱいで200円ちょい。

バリ、なかなか楽しいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/792

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2009年1月18日 21:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一色海岸で初乗り」です。

次のブログ記事は「由比ガ浜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。