« 釣果報告 5/24 @ 元町堤防 | ホーム | Postboxいい感じ »

Tivoli Model OneのAMアンテナ

model1.png
am_antenna1.png
am_antenna2.png以前から欲しくて、妻と合議の上、大枚をはたいて購入したTivoli Model One。3万円弱もするだけあって、FMの音は抜群。かなりの臨場感で、内部アンテナなのに、クリア、かつダイナミックなモノラルとは思えない音。さすがである。大満足。ただ、AMに関しては、我が家の場所が悪いのか(もともと葉山はAM電波の入りが悪いと思う)、内部アンテナでは雑音ばかり。何とかしなければ、妻の語学学習もできない、ということで、大昔のコンポについていたAMアンテナを引っ張り出して、半改造。

コンポに付属していたループアンテナを引っ張り出してきたのはいいが、Model Oneのインプットはピンジャック。アンテナは、フィーダーのケーブルがむき出し。ということで、アンテナ側に改造を施し、ミニプラグを無理やりつけることに。

川崎の大手電気屋では、内部をいじれそうなピンプラグは売っていなかったので、、とりあえず変換プラグを購入。

改造は、まず、ピンプラグの分解から。表面のプラスティックをカッターで削りだし、中の金属の筒もペンチで引っこ抜く。むき出しのピンプラグ内部に出っ張っている2本の金属棒に、フィーダーの線を1つづつ結んで、絶縁テープで固定(半田付けしたかったのだが、無かったため)。金属の筒を戻して、さらに絶縁テープで固定した。

Model Oneにさしてみると...。いい。いままでより断然聞こえるようになった。語学学習には使い物にならなかったAM部分も、これなら問題なく聞ける(多少バックグラウンドのサーという雑音は入るけど)。とりあえず、400円くらいの出費でAMが使えるようになった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/834

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2009年5月25日 22:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「釣果報告 5/24 @ 元町堤防」です。

次のブログ記事は「Postboxいい感じ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。