« 一色 今日も肩サイズ | ホーム | 西風 一色で軽く波乗り »

事故

雨の夜。首都高で事故った。生まれて初めての事故。追突。外傷は軽いムチウチだが、車は前面大破。もろにぶつかってしまった。

友人と帰宅途中。3車線の内、真ん中のレーンを走っていた。雨で路面が光って、あまりいいコンディションではなかった。不意に前の車が左に車線変更。視界が開けた瞬間、右側車線に黒い物体が。そして、中央車線には、それを避けた車が一台停止しているではないか。Max Brakeをかけつつ、左車線によけようとするも、他の車が走行しており、よけれず。どこにも逃げ道がなくなり、軽く避けつつ中央車線に止まっていた車に追突してしまった。

結構なダメージ。だが、思ったよりは衝撃は少なかった。外に出ると、右側、および中央車線に停止していた車のドライバーがいた。車は走行不可能。近くのICに移動し、雨を避けつつ警察を待っていると、道路を塞いているおれたちの車に向けて、猛スピードで一台セダンが突っ込んだ。あっと言う間の出来事で、ガシャーン、と。思わず危ない!と叫んだ。ドライバーは重傷ではないらしく、車から出てきた姿を見てほっとしたが、もしも、停止していた車に乗っていたらと思うと身の毛がよだった。

おれが追突した車のドライバーがムチウチの症状ということで救急車で運ばれ、おれは人身傷害ということで、雨の中実況見分。寒かった。警察は、処理を早くしたいのか、誘導尋問的な部分を感じたし、こちらも通常の精神状態ではないので、すぐに正確に思い出せないし、なんか嫌な気分だった。

加害者ではあるが、すべて俺が悪いのか、というと納得できない部分もある。夜の高速道路に停止していることは危険ではないのか?なぜ避けた車がそのまま停止したのか。

それらは、今後の保険会社の調査に任せる。とにかく、ブルーな週末だった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://keitaro.krbys.net/mt5/mt-tb.cgi/865

コメントする

このブログ記事について

このページは、keitaroが2009年12月11日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一色 今日も肩サイズ」です。

次のブログ記事は「西風 一色で軽く波乗り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。