気象予報士の最近のブログ記事

2008年2月 3日

葉山でも積雪

朝、息子の「雪が積もってるよー」声に起こされると窓の外は銀世界。積雪があるとはいわれていたが、予想以上に10cmくらい積もっていて、まだぼたん雪が降り続いていた。

いわゆる南岸低気圧と呼ばれるやつ。この時期、低気圧が関東の南岸を通ると雪が降りやすい。目安でいうと、850hPa面(1800m)の気温が-6℃、500hPa面(6000m)の気温が-30℃を下回ること。

snow.jpg

続きを読む: 葉山でも積雪

2007年1月 7日

今回の低気圧の等圧線

なんとも美しい天気図。ちょっと恐ろしい気もするけど。今朝の9時の実況地上天気図であるが、同心円上に等圧線がかなり密に広がっている。中心付近の気圧は964hPaということで、まさに台風並みの爆弾低気圧。このおかげでものすごい風。また俺は関西にいたんだけど、朝方雪も降りました。上空に寒気が入り込んでいると思われるが、それほど続かず、また気温もさほど下がらなかった。

続きを読む: 今回の低気圧の等圧線

2006年12月 7日

カリフォルニアの風

お天気の話。ロスにまた行ってきた。ロスの気象情報を見ていた時、「これって、間違いですかね?」という話になったのが気温と露点温度のデータ。昨日の気温と露点温度が一時間毎に打ち出されているんだけど、湿度の変化がすごかったので。

続きを読む: カリフォルニアの風

2006年11月16日

津波警報

千島列島沖での地震に際して、北、および東日本一帯に津波警報、および津波注意報が発令。今のところ、目だった津波はきていない模様で一安心だが、津波警報ってちょっと面白い(法的に)警報である。これって、気象庁以外の人が出すことができる唯一の気象警報なのである。

続きを読む: 津波警報

2006年11月 7日

木枯らし一号、吹いちゃった?

ものすごく風が強い。俺の家は海のすぐ側なので一段と強いのかもしれないが、まともに立って歩けない(時がある)くらい強い。おそらく木枯らし一号じゃないかな。ちなみに「木枯らし一号」の定義は
・冬型の気圧配置(西高東低)
・最大瞬間風速8m/s以上
・期間は10月半ばから11月末日まで
らしい。下が今日12時発表の地上天気図。

続きを読む: 木枯らし一号、吹いちゃった?

2006年10月 6日

台風16号と17号、接近中

今年はあまり台風が来ていない感があるが、現在台風16号と17号が接近中である。台風16号は大型ということで、上陸はしない模様だが、南からの暖湿流が秋雨前線を刺激して押し上げ、明日はかなりの雨が降るらしい。

続きを読む: 台風16号と17号、接近中

2005年3月 4日

南岸低気圧

3月にもなって、関東地方で積雪である。低気圧が関東地方南岸を発達しながら北東進。いわゆる「南岸低気圧」と呼ばれる、関東に降雪をもたらす典型的なパターン。

続きを読む: 南岸低気圧

2005年2月27日

日本海の流氷

流氷というとオホーツク海が有名だけど、若干日本海(というか間宮海峡付近)でも見られるようです。

続きを読む: 日本海の流氷

2005年2月23日

春一番が吹いた

今年も春一番が吹いた。日本海上を温帯低気圧が発達しながら東進。南風が吹き、気温も比較的寒くない一日であった。

続きを読む: 春一番が吹いた

2005年2月 4日

筋状の雲

寒い。連日寒い。それもそのはず、この冬一番の寒波が来ている。今日の衛星写真(赤外画像)を見てみると、日本海上のみならず太平洋上にまで、筋状の雲が広がっている。

続きを読む: 筋状の雲

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち気象予報士カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは音楽などです。

次のカテゴリは愚論です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。