PCの最近のブログ記事

2010年5月30日

10年選手のBH6にWindows7を

俺のPCは1999年に自作した。それからちょこちょことパーツを替え、現在はWindowsXP Proを入れつつなんとか使える状態。このたび、かなり動作がもっさりとなってきたのでSATA HDDを新規購入(BH6は当然SATAに対応していないので、玄人志向のSATARAID-PCIを使用)。この際に無謀にもWindows7 Ultimateを導入。メモリも最大容量まで積み足した。ちなみに、現在はBH6最強スペック。
M/B:ABIT BH6
CPU:Pentium3 850MHz(FSB100MHz)
メモリ:SDRAM 256×3(両面実装)
GPU:Matrox Millenium G450
HDD:IDE×2、SATAカード経由×1
こんなスペックでも一通り動いた。

続きを読む: 10年選手のBH6にWindows7を

2010年5月18日

自作PC BH6をパワーアップ

1999年に自作したPCはまだ現役である。定期的に部品を交換しているので、そこそこのお金をつぎ込んで入るものの、それでも比較的安く延命している。440BXのBH6マザーが今時普通に使えている(ブラウジングや文章作成程度だが)のは嬉しい。

今回、数年前に交換したHDDの容量が一杯になってきたので、HDDを買い替え。IDEにしか対応していないBH6であるが、SATA HDDを購入(日立 HGS721050CLA362 500GB、7200rpm、16GBキャッシュ)。SATAカードとして、玄人志向のSAPARAID-PCIを購入。

続きを読む: 自作PC BH6をパワーアップ

2009年5月27日

Postboxいい感じ

なんとなく、最近使っていたThunderbirdが物足りない。うまく送信できないときもあるし、使い勝手も、特に不自由は無いのだが、ときめくものもない。そんなとき、探したてたのがPostbox。ThunderbirdのエンジンのGechoが元らしいが、いろいろと楽しい機能がある。

続きを読む: Postboxいい感じ

2009年3月22日

超高速 Opera Turbo

Opera Turboを搭載した、Opera10.00(まだ試用版とのこと)を試して見た。まだ英語版しかない。

とりあえず、ブラウジングが以上に速い。今までのOpera9.64と比べても、明らかに体感できる速さ。すごいです。Macbookにしても、やっぱりOperaから離れられない。ただ、マウスジェスチャが使えないのがつらい。でも、この速さは、元に戻れないと思う。

2008年12月 4日

GPUをMillenium G450に交換

10月末に、長年使ってきたMatrox Millenium G200が死亡し、S3 Savage4に取り替えた。だが、Savage4はWindows XPと相性が悪いらしく、頻繁にフリーズして困っていた。そこで、オークションで中古のMillenium G450を購入。マザーボードのAGPが2xか4xか8xか定かではなかったが、調べるとどうやら我がBH-6でも動きそうだったので、1800円で購入した。

続きを読む: GPUをMillenium G450に交換

2008年10月29日

自作PC、死亡?

なんとなく最近自作PCの調子が悪かったのだが、ついに今日立ち上がらなくなってしまった。BIOS自体がまったく立ち上がらない。1999年に作成したこのPCだが、ついにマザーボードがやられたか。ちなみにAbitのBH-6 Rev.1という440BXマザーである。分解して確認。

続きを読む: 自作PC、死亡?

2008年9月23日

自作PCがUSB2.0対応に

現在使用中のPCは、1999年に自作したPC。Pen3-850MHzで、メモリ増設したりHDD交換したりしながらも、いまだ現役である。

最近なんとなくUSBポートの調子が悪いので、今回PCI接続のUSBカードを購入。玄人志向の「USB2.0N6P-PCI」で1470円。これでUSB1.1→2.0と大幅にグレードアップ。

続きを読む: 自作PCがUSB2.0対応に

2008年6月28日

玄箱Pro、復活

固定IPアドレスに変更に失敗して、接続できない状態になっていた玄箱Proであるが、今日、復活。

先日ネットで発注していた、Timely社のUD-505SA(SATA→USB変換ケーブル)が今日届いた。早速玄箱ProをあけてSATA HDDを取り出して接続。

続きを読む: 玄箱Pro、復活

2008年6月26日

早速、玄箱Proに接続できない状態

玄箱のSamba導入、およびmt-daapd導入はうまくいったのだが、玄箱のIPアドレスはDHCPに任せていたので、サーバーとしては固定アドレスがいいだろう、ということで、簡単な気持ちで/etc/network/interfacesのIPアドレスを適当なものに書き換えてRebootしてしまった。

続きを読む: 早速、玄箱Proに接続できない状態

2008年6月20日

玄箱ProのDebian化 備忘録1

まずはHDDを装填せずに、フラッシュメモリのみでそのまま電源を入れてみた。telnetで操作可能。エクスプローラに「\\kurobox-pro」と入れればメモリの内容が表示される。

Debian化の操作に対しては、ほとんどEllinikonblue.comさんを参考にさせていただいた。

続きを読む: 玄箱ProのDebian化 備忘録1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちPCカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはMovable Typeです。

次のカテゴリはVWです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。